メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

北九州市長選まであと半年 北橋氏「出馬」に口重く スペワ撤退、コレット閉店が影響か

 北九州市の北橋健治市長(65)の3期目の任期満了(来年2月19日)まで残り半年を切った。現時点で次期市長選への出馬を表明した人はおらず、北橋氏は6日開会の市議会でも4選出馬を表明しない見通しが強まっている。背景には同市八幡東区のテーマパーク「スペースワールド(スペワ)」の撤退、JR小倉駅前で井筒屋が経営する商業施設「コレット」の来年2月閉店など、地元経済の低迷に打開策が見いだせないことが影響しているようだ。【下原知広、木村敦彦】

 「投げ出したくない。製造業が長年苦しんできて、スペースワールドが終わり、老舗デパートも節目を迎えた…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1017文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです