メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

負担や支援に不満噴出 旭川で4路線の説明会 /北海道

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、宗谷、石北、富良野、根室の4路線の関係自治体とJR北、国、道による会合が4日、旭川市であり、自治体負担が国と同水準とされることや国の支援のあり方に不満や反発が噴出した。

 4路線の協議会の45市町村の首長ら約60人と、寺田吉道・国土交通省官房審議官や窪田毅副知事、JR北の小山俊幸副社長らが出席。3日に釧路市であった釧網線と根室線(花咲線)に関する会合と同様に、国がJR北に来年度から2年…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです