メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺れる鉄路

負担や支援に不満噴出 旭川で4路線の説明会 /北海道

 JR北海道の路線見直し問題を巡り、宗谷、石北、富良野、根室の4路線の関係自治体とJR北、国、道による会合が4日、旭川市であり、自治体負担が国と同水準とされることや国の支援のあり方に不満や反発が噴出した。

 4路線の協議会の45市町村の首長ら約60人と、寺田吉道・国土交通省官房審議官や窪田毅副知事、JR北の小山俊幸副社長らが出席。3日に釧路市であった釧網線と根室線(花咲線)に関する会合と同様に、国がJR北に来年度から2年…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです