メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
信州人軽快問答

ヤッホーブルーイング社長・井手直行さん 「定時退社」目指し創意工夫 /長野

「業績も上向き、増収増益」

 クラフトビール(小規模な醸造所が作る個性的なビール)のメーカー・ヤッホーブルーイング(本社・軽井沢町)社長、井手直行さん(50)には「定時退社協会理事長」という別の肩書がある。遊び心から生まれた架空の団体が反響を呼んでいる。【長沢英次】

 --定時退社協会の取り組みはなぜ。

 「毎月最終金曜日は早く帰ろうというプレミアムフライデーが去年始まり、我々らしくユーモアを交え、ビール業界の発展にもつながるようなことを、と考えました。『早く帰っておいしいクラフトビールを飲もう』というメッセージを送り、定時に帰るためにこんなことをしたら、とユーモアのある動画を作ったりしました」

 --早く帰ろう、残業しない、ということは多くの人が言いますが、面白くやるところがみそなんですね。い…

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1976文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです