伊賀焼

多彩に味わう 大皿、花器、茶器…重厚、洒脱な200点 伝統技術保存会員展 9日まで 伊賀 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧崇広堂の講堂に展示した作品と出品作家ら=三重県伊賀市上野丸之内で、大西康裕撮影
旧崇広堂の講堂に展示した作品と出品作家ら=三重県伊賀市上野丸之内で、大西康裕撮影

 伊賀市の陶芸作家でつくる伊賀焼伝統技術保存会の会員展「伝承・創造-IGAYAKI-」が、国史跡の旧崇広堂(上野丸之内)で開かれている。会員5人に市内の作家2人を加え、7人の約200点が並ぶ。9日まで。入場無料。

 市文化都市協会(ぶんと)が主催し、今回で3回目。講堂(72畳)には木製の展示台が置かれ、目の高さに近い位置に大皿などが並ぶ。玄関に近い部屋にも花器や茶器などが展示され、各部屋で重厚だっ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集