メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドリアン助川さん

小説「あん」執筆への葛藤 奈良で講演 /奈良

映画「あん」はカンヌ国際映画祭でも上映され、ドリアン助川さんはその時の様子なども話した=奈良市で、中津成美撮影

 2015年に河瀬直美さんの監督で映画化された、元ハンセン病患者を題材にした小説「あん」の作者、ドリアン助川さん(56)の講演会が8月22日、奈良市内であった。構想から約10年がかりで小説が完成するまでの苦労や葛藤、元患者らが置かれた状況について話した。

 ドリアンさんは、らい予防法廃止(1996年)などを機に、「どんな環境でも生まれたことに意味がある。ハンセン病を背景に書きたい」と強く思うように。しかし、患者の手記を読んでも、その悲惨さなどから何度も諦めかけた。ある日、ハンセン病療養所の入所者と知り合い、当事者から話を聞くことができ、構想から約10年かけて小…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです