メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

医学部入試、文科省調査 男女格差、切り込めず 面接・小論文、検証に壁

不正入試が行われてきた東京医科大=東京都新宿区で2018年7月4日、手塚耕一郎撮影

 東京医科大の不正入試を受け文部科学省が全国の国公私立大医学部医学科を対象に実施した調査で明らかになったのは、男子の合格率が女子を上回っているという事実だけだった。男女格差が生じた理由については、全大学が不正はないと回答。受験関係者からは「知りたいことに答えていない」と調査手法を批判する声が上がった。一方、医師不足に悩む地方では、女性医師の活用を目指す動きも広がっており、こうした地方の大学は女子の合格率が高い傾向がうかがえた。

 「男子の合格率が女子より高い理由は、これから分析したい」。調査結果を記者会見で公表した文科省の担当…

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2124文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです