メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

医学部入試、文科省調査 男女格差、切り込めず 面接・小論文、検証に壁

不正入試が行われてきた東京医科大=東京都新宿区で2018年7月4日、手塚耕一郎撮影

 東京医科大の不正入試を受け文部科学省が全国の国公私立大医学部医学科を対象に実施した調査で明らかになったのは、男子の合格率が女子を上回っているという事実だけだった。男女格差が生じた理由については、全大学が不正はないと回答。受験関係者からは「知りたいことに答えていない」と調査手法を批判する声が上がった。一方、医師不足に悩む地方では、女性医師の活用を目指す動きも広がっており、こうした地方の大学は女子の合格率が高い傾向がうかがえた。

 「男子の合格率が女子より高い理由は、これから分析したい」。調査結果を記者会見で公表した文科省の担当…

この記事は有料記事です。

残り1859文字(全文2124文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  2. あなたの参院選 1票の価値はベンツ1台分? あなたの1票をお金に換算
  3. 1人の女性を物色か 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです