メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

西日本豪雨にみる水害対策 複合的連鎖へ想像力を=高尾具成(阪神支局)

西日本豪雨で大きな被害のあった広島県坂町小屋浦地区。上流の砂防ダムが崩壊し、土石流が襲った天地川沿いには、1907(明治40)年7月の土石流の惨事を伝える水害碑(右端)があった=8月4日、高尾具成撮影

高尾具成(ともなり)

 西日本豪雨は、異常気象の影響があるとはいえ、これまでの防災・減災対策が十分機能しなかったことを浮き彫りにした。避難対応などを改めて見直す必要がありそうだ。大切なのは、災害の複合的な連鎖を想定することだろう。東日本大震災後、「大地震と津波」がセットで広くイメージされるようになったが、「豪雨と(河川)氾濫、土砂災害」も素早く頭に思い浮かべる事柄として定着させるべきではないか。さらに周囲の状況に応じて危険を想像する、個々人の柔軟な発想力を養いたい。

この記事は有料記事です。

残り1823文字(全文2057文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです