メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

慰安婦像の土地競売 野党支部敷地差し押さえ

国民党台南市支部の敷地内に設置された慰安婦像=台湾南部・台南市で2018年8月14日、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾南部・台南市の地方裁判所は4日、日本による慰安婦を象徴する銅像が設置されている場所を含む野党・国民党同市支部の土地と建物について競売を実施したと発表した。だが入札者はおらず、9月中旬に再度、入札を行う予定。同土地は裁判所が今年5月、差し押さえを決定していた。

 慰安婦像問題は、台湾による福島県など5県産食品の輸入停止措置に加え、新たな…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです