メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

慰安婦像の土地競売 野党支部敷地差し押さえ

国民党台南市支部の敷地内に設置された慰安婦像=台湾南部・台南市で2018年8月14日、福岡静哉撮影

 【台北・福岡静哉】台湾南部・台南市の地方裁判所は4日、日本による慰安婦を象徴する銅像が設置されている場所を含む野党・国民党同市支部の土地と建物について競売を実施したと発表した。だが入札者はおらず、9月中旬に再度、入札を行う予定。同土地は裁判所が今年5月、差し押さえを決定していた。

 慰安婦像問題は、台湾による福島県など5県産食品の輸入停止措置に加え、新たな…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. モルシ・エジプト元大統領死去 67歳 軍クーデターで13年解任
  4. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです