メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

食べ手と作り手の信頼で農業を守る=農業ジャーナリスト・青山浩子

 8月下旬、韓国の若手農業者が先進農業視察のため訪日した。同国に1000余りある農協から選抜された精鋭13人だ。親元就農者が多いが、非農家出身の独立就農者もいる。米韓自由貿易協定(FTA)が発効して6年。一部の果物の輸入量が増えるなど影響が出ているが、若さを武器に「やり方次第で需要を拡大できる」と現場をつぶさに見てまわり、視察先の農家が舌を巻くほど多くの質問をするなど意欲の高さを見せつけた。

 かつて「韓国農業の技術レベルは日本より20年ほど遅れている」といわれてきた。だが、施設園芸など日本を追い越している分野もある。かつては存在していなかった70ヘクタールという大規模稲作農家も存在するなど規模拡大も進んでいる。両国の格差は相当縮小していると感じる。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです