連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

食べ手と作り手の信頼で農業を守る=農業ジャーナリスト・青山浩子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 8月下旬、韓国の若手農業者が先進農業視察のため訪日した。同国に1000余りある農協から選抜された精鋭13人だ。親元就農者が多いが、非農家出身の独立就農者もいる。米韓自由貿易協定(FTA)が発効して6年。一部の果物の輸入量が増えるなど影響が出ているが、若さを武器に「やり方次第で需要を拡大できる」と現場をつぶさに見てまわり、視察先の農家が舌を巻くほど多くの質問をするなど意欲の高さを見せつけた。

 かつて「韓国農業の技術レベルは日本より20年ほど遅れている」といわれてきた。だが、施設園芸など日本を追い越している分野もある。かつては存在していなかった70ヘクタールという大規模稲作農家も存在するなど規模拡大も進んでいる。両国の格差は相当縮小していると感じる。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文722文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集