メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山は博物館

それは戦時下だった/6 上高地愛し消えた学徒たち

山岳写真家の船越好文氏(1909~2001年)の作品「前穂の東面」=「雪線」(白水社)より

 <くらしナビ・環境>

 高所の岩登りなど困難な登山スタイルで、穂高連峰など長野県の上高地周辺の山に武勇伝を残した学徒がいた。未踏峰のエベレスト(8848メートル)登頂が目標だったが、その前に徴兵が待っていた。徹底して戦争に反対しなかったことを悔いつつ、「もう遅い」と言い残して激戦地へ向かい、消息を絶った。最期の様子も分からない。

 「前穂の東面」という写真がある。前穂高岳(3090メートル)の大岩壁に向かうクライマー2人。説明書…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです