メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『翼竜館の宝石商人』 高野史緒さん

「二重の密室トリックを仕掛けてみた」という高野史緒さん=八木正撮影

 (講談社・1674円)

レンブラントに触発され

 作家、高野史緒(ふみお)さんの新著「翼竜館の宝石商人」が8月下旬、講談社から刊行された。6年ぶりの長編小説で、17世紀のオランダの画家、レンブラントの絵に触発された歴史ミステリーだ。【明珍美紀】

 物語の舞台は1662年のアムステルダム。レンブラントとの対面を申し入れていた宝石商がペストで死んだ。遺体が埋葬された翌日、宝石商の自宅の鉄格子がはまった部屋で、彼とうり二つの男が意識不明で発見され、主人公のフェルナンド・ルッソ(通称ナンド)とレンブラントの息子が謎の解明に乗り出していく--。

 京都で2002年の秋から翌年にかけてレンブラントの大規模な絵画展が開かれ、夫でロシア映画研究者の井上徹さんと見に行った。「光と影の魔術師」とよばれるこの画家が描く人物の存在感に圧倒され、「レンブラントにまつわる作品を書きたい」と思い立ったのがきっかけ。レンブラントの絵を追ってオランダを旅し、あれこれ構想を練るなかで、「ふっとアイデアが浮かび、二重の密室トリックを仕掛けてみた」と高野さん。言葉は少…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです