メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『翼竜館の宝石商人』 高野史緒さん

「二重の密室トリックを仕掛けてみた」という高野史緒さん=八木正撮影

 (講談社・1674円)

レンブラントに触発され

 作家、高野史緒(ふみお)さんの新著「翼竜館の宝石商人」が8月下旬、講談社から刊行された。6年ぶりの長編小説で、17世紀のオランダの画家、レンブラントの絵に触発された歴史ミステリーだ。【明珍美紀】

 物語の舞台は1662年のアムステルダム。レンブラントとの対面を申し入れていた宝石商がペストで死んだ。遺体が埋葬された翌日、宝石商の自宅の鉄格子がはまった部屋で、彼とうり二つの男が意識不明で発見され、主人公のフェルナンド・ルッソ(通称ナンド)とレンブラントの息子が謎の解明に乗り出していく--。

 京都で2002年の秋から翌年にかけてレンブラントの大規模な絵画展が開かれ、夫でロシア映画研究者の井…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1106文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです