ジャカルタ・アジア大会

野球 社会人日本代表が銀 光った一発勝負の強さ 20年に向け打力課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2日に閉幕したジャカルタ・アジア大会で、野球の社会人日本代表が2006年ドーハ大会以来3大会ぶりに銀メダルを獲得した。「社会人の力を見せよう」と臨んだ決勝は、全員プロで編成された韓国の壁に阻まれ、1994年広島大会以来24年ぶりの頂点には届かなかった。

 今大会の大きな成果は、8月31日の台湾戦だ。巨人で投手としてプレーした姜建銘(ジャン・チェンミン)もいた台湾はプロ、アマ混成で、前回14年仁川(韓国)大会準決勝で4-10で敗れた相手でもある。日本は上位リーグの初戦で韓国に敗れた後の一戦。3大会ぶりの決勝進出は、3点差以上をつけての勝利が条件だった。

 先発の岡野祐一郎(東芝)が六回途中無失点と好投すると、2番手・荒西祐大(ホンダ熊本)が相手を1安打に抑えて零封リレーを完成させた。打線は5得点を挙げ、主将の佐藤旭(東芝)は「一つの試合にかける集中力を発揮できた」と振り返った。都市対抗をはじめ、「負けたら終わり」の一発勝負を経験している社会人の強みを発揮した。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文733文字)

あわせて読みたい

注目の特集