台風21号

運休、遠い家路

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台風21号の影響で、運転取りやめになり閑散とした駅構内=JR大阪駅で2018年9月4日午前11時41分、三村政司撮影
台風21号の影響で、運転取りやめになり閑散とした駅構内=JR大阪駅で2018年9月4日午前11時41分、三村政司撮影

混乱、終日続く

 台風21号の影響で京阪神を中心とした近畿の鉄道は、地下鉄の一部路線を除いて4日昼ごろから全線で運転を取りやめる事態となった。国土交通省近畿運輸局は「台風でこれほど大規模な運休は近年記憶にない」と話す。前日から計画運休を予告していた鉄道もあったが、主要駅では帰宅できない会社員や、目的地にたどり着けない外国人観光客の戸惑う姿がみられた。一部の路線は夕方から夜にかけ運転を再開したが、混乱は終日続いた。

 計画運休を予告していたJR西日本は予定通り、4日正午過ぎまでに近畿全線で運転を取りやめた。強風で線路内に飛来物が散乱し、除去に時間がかかるため、同日中の在来線再開を見送った。午前中に運行を止めた山陽新幹線の新大阪-広島間は午後4時50分ごろから岡山-広島間で運転を再開した。JR東海は午後2時ごろから東海道新幹線の全線で運転を取りやめた。

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文945文字)

あわせて読みたい

注目の特集