メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

重すぎランドセルNO 持ち帰る教材、柔軟に 教委に通知へ

 教科書や教材を入れた子どものランドセルが重いとの意見が出ていることなどを踏まえ、文部科学省は通学時の持ち物負担の軽減に向け、適切に工夫するよう全国の教育委員会に求める方針を決めた。近く通知を出す。

 小中学校では、教える量が増加して教科書が分厚くなったり大型化したりして、副教材も多様化。中には、それらを自宅に持ち帰るよう指導している学校もあり、柔軟な対応を求める声が保護者らから上がっている。

 ランドセルメーカーの「セイバン」が3月、小学生とその母親計2000人を対象にインターネット上で実施…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです