メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プログラミング教育

商戦、関西も熱く 小学校必修化へ

 子ども向けのプログラミング教育を商機とみる企業が関西でも増えている。2020年度に小学校で必修となり関心が高まっているためだ。宇宙と組み合わせて学べたり、ロボットを活用したり、各企業は魅力ある教材づくりに力を注ぐ。

 「ここ(タイヤの回転数)を1から1・2にしたら……オーケー」「完璧やな、これ」

 8月中旬、兵庫県尼崎市で開かれたプログラミング大会で、小中学生らが熱心にパソコンで数字を打ち込んでいた。自作のロボットを指示通りに動かすためだ。

 大会の主催者は阪神電気鉄道のグループ会社が運営するプログラミング教室「プログラボ」。鉄道会社のプロ…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文747文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです