台風21号

「大変…」高速船で関空から続々神戸空港到着

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 台風21号の影響でタンカーが衝突して連絡橋が通行できず、約3000人が孤立した関西空港。神戸空港海上アクセスターミナル(神戸市中央区)には、関西国際空港から客を乗せた高速船が5日午前6時50分ごろから続々と到着した。大きな荷物を抱え、疲れた表情で船を下りると、近くの駅に向かうバスに乗り込むなどしていた。

 大阪府高石市の神戸松蔭女子学院大2年、河内谷真奈さん(19)はカナダ・バンクーバーに留学するため、台風接近前の4日朝に関空入りしたが、空港で一夜を明かす羽目に。「空港は停電でクーラーも利かず、食料もなくて大変だった」とうんざりした表情で話した。友人グループでハワイ旅行に行く予定だった東京都世田谷区の青山学院大2年、片山弘樹さん(19)は「空港内は浸水してガラスも割れていたし、停電でテレビも見られ…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集