台風21号

関西電力で停電218万軒 なお57万軒続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大規模な停電が起きた兵庫県尼崎市内(手前)=2018年9月5日午前0時4分、幾島健太郎撮影
大規模な停電が起きた兵庫県尼崎市内(手前)=2018年9月5日午前0時4分、幾島健太郎撮影

 関西電力によると、近畿地方を4日通過した台風21号の影響で、5日午前9時現在の暫定集計では、管内の延べ約218万3000軒で停電が発生した。そのうち約4分の1にあたる約57万5100軒でなお停電が続いている。強風の影響で、電柱が少なくとも約370本折れるなど配電施設に大きな被害が出たため、広域での停電となったという。自然災害による停電では、阪神大震災当時の延べ約260万軒に次ぐ規模で、台風被害では平成に入って最大規模の停電となった。

 関電によると、電柱被害が多かった原因については、想定を超える樹木の倒壊や飛来物があったためという。地域別では、大阪府では岸和田市などで248本が壊れ、兵庫県尼崎市などの阪神間、和歌山市でも被害が大きく、こうした地域の停電軒数が多かった。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文939文字)

あわせて読みたい

注目の特集