メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

市場、学校、役所、病院…停電で悲鳴上がる

台風による停電の影響で復旧の見通しが立たない大阪市中央卸売市場南港市場。窓ガラスが割れるなどの被害も出ている=大阪市住之江区南港南5で2018年9月5日午前10時26分、真野敏幸撮影

 台風21号による大規模な停電は5日も続いており、大阪府内では断水や、約2000カ所で道路の信号障害が生じるなど各方面への影響と被害は広がりを見せている。

 大阪市中央卸売市場南港市場(住之江区)では午前10時半開始の食肉の競りを中止した。職員は「冷蔵庫などに保管している肉の状態が心配だ。電源が復旧したら直ちに確認したい」と話した。毎日牛約100頭、豚約200~300頭の取引があるといい、関西圏の小売市場への影響は必至だ。

 大阪市内では停電の影響などで5日も大正区や西淀川区を中心に市立幼稚園、小中高校計77校園が臨時休校…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 飼料から禁止薬物 JRA、15、16日東京、阪神、函館出走予定の156頭競走除外

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです