メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
福島・川内村

1人親世帯の移住に注力 子育て世代次々と

仕事を終え、子どもたちとくつろぐた星野奈々恵さん(中央)=福島県川内村で、中村聡也撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県川内村が、シングルマザーなど1人親世帯の移住に力を入れている。子育て世代を増やそうと2016年度から移住支援に取り組み、現在まで7世帯が移り住んだ。成果は上々で、近隣の自治体も関心を示している。

 川内村は原発事故後、一部に避難指示が出された。村内の避難指示は16年までに全て解除されたが、7月末現在の人口は2686人と震災前より1割以上少なく、特に子育て世代の減少が激しい。

 村は人口を増やすため、1人親世帯の移住に着目。15歳未満の子どもがいる1人親世帯に移住費用50万円…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです