福島・川内村

1人親世帯の移住に注力 子育て世代次々と

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
仕事を終え、子どもたちとくつろぐた星野奈々恵さん(中央)=福島県川内村で、中村聡也撮影
仕事を終え、子どもたちとくつろぐた星野奈々恵さん(中央)=福島県川内村で、中村聡也撮影

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県川内村が、シングルマザーなど1人親世帯の移住に力を入れている。子育て世代を増やそうと2016年度から移住支援に取り組み、現在まで7世帯が移り住んだ。成果は上々で、近隣の自治体も関心を示している。

 川内村は原発事故後、一部に避難指示が出された。村内の避難指示は16年までに全て解除されたが、7月末現在の人口は2686人と震災前より1割以上少なく、特に子育て世代の減少が激しい。

 村は人口を増やすため、1人親世帯の移住に着目。15歳未満の子どもがいる1人親世帯に移住費用50万円を支給▽保育園の無料化▽村営住宅の紹介--など支援を充実させた。体験ツアーも年1回実施。小中学校の視察などで移住後の生活をイメージしてもらい、「子育て向きの環境」をアピールした。1年目に1世帯が移り、その後も移住者が続いた。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文845文字)

あわせて読みたい

ニュース特集