メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島

中3男子が自殺 2学期初日、担任の個別指導後

 鹿児島市教育委員会は5日、市内の公立中3年の男子生徒が、2学期初日の3日に自宅で自殺したことを明らかにした。生徒は普段通り登校したが、夏休みの宿題を巡って担任教諭から個別指導を受け、帰宅後に自殺したとみられる。遺書はみつかっていない。学校は校内でトラブルがなかったか調べている。

 市教委によると、生徒は3日の放課後、夏休みの宿題を一部提出しなかったため他の生徒数人と職員室に呼ばれ、午後1時ごろから10分程度、40代の担任の女性教諭に個別指導を受けた。指導は生徒…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです