メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

玉木氏が新代表に 野党共闘構築が課題

国民民主党臨時党大会で新代表に選ばれ、一礼する玉木雄一郎氏=東京都内のホテルで2018年9月4日午後2時19分、川田雅浩撮影

 国民民主党は4日、東京都内で開いた臨時党大会で代表選を行い、玉木雄一郎共同代表(49)が津村啓介衆院議員(46)を破り新代表に選出された。任期は2021年9月まで。低迷が続く党勢の立て直しや、来年夏の参院選に向けた野党共闘を構築できるかが課題だ。

 玉木氏は代表選出後の記者会見で、両院議員総会を11日に開いて執行部人事を決定すると表明。「適材適所で人事をしたい。選挙重視の体制を構築したい」と語った。党内には古川元久幹事長の交代を含めた執行部の刷新を求める声がある。

 玉木氏は国会議員、国政選挙の候補予定者、党員・サポーター、地方議員による投票のすべてで津村氏を上回った。合計得票は、ポイント換算で玉木氏204ポイント、津村氏74ポイントで圧倒した。ただ、今後の党運営に直結する国会議員票は、玉木氏が41票、津村氏が18票で、「本気の野党共闘」を掲げた津村氏がやや健闘したとの見方もある。党自体への批判とみられる無効票も2票あった。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです