メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空被害 「インバウンド景気」に影響も

浸水した関西国際空港の滑走路=2018年9月4日午後2時45分、蒲原明佳撮影

 台風21号の影響で4日、関西国際空港の滑走路やターミナル周辺が高潮で浸水、連絡橋は強風で流されたタンカーに衝突され破損したことで空港の機能が停止し、西日本を中心に全国の経済活動に及ぶ悪影響が懸念されている。関空は特に訪日外国人(インバウンド)の利用が多く、完全復旧するまで相当の日数を要すれば、外国人観光客によって全国各地で起きている「インバウンド景気」に水を差しかねない。

 埋め立て島にあり、2本の滑走路を備える関空は、離着陸を24時間できる強みを生かそうと格安航空会社(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです