メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空被害 「インバウンド景気」に影響も

浸水した関西国際空港の滑走路=2018年9月4日午後2時45分、蒲原明佳撮影

 台風21号の影響で4日、関西国際空港の滑走路やターミナル周辺が高潮で浸水、連絡橋は強風で流されたタンカーに衝突され破損したことで空港の機能が停止し、西日本を中心に全国の経済活動に及ぶ悪影響が懸念されている。関空は特に訪日外国人(インバウンド)の利用が多く、完全復旧するまで相当の日数を要すれば、外国人観光客によって全国各地で起きている「インバウンド景気」に水を差しかねない。

 埋め立て島にあり、2本の滑走路を備える関空は、離着陸を24時間できる強みを生かそうと格安航空会社(…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです