厚労省

生活保護世帯子ども部活動 領収書なし精算可能に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 10月から生活保護世帯の子どもの部活動にかかる費用が定額支給から実費精算に変わるのに伴い、厚生労働省は4日、領収書がなくても精算は可能との見解を自治体向けの説明会で明らかにした。学校からの配布資料などで金額を確認できればOKという。「学校側から領収書をもらわねばならなくなると、子どもがみじめな思いをする」と与党内でも懸念の声が上がっていた…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

ニュース特集