メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

7人死亡 関空に利用客ら3000人以上残る

 台風21号は四国や近畿地方を縦断し、4日夜に日本海に抜けた。広範囲に暴風雨をもたらし、毎日新聞の集計では、大阪、滋賀、三重で7人が死亡した。最大瞬間風速が観測史上最大の58.1メートルを記録した関西国際空港では、強風で流されたタンカーが空港連絡橋に衝突し、橋の一部が破損。滑走路やターミナル周辺が高潮で浸水し、利用客ら3000人以上が取り残されている。

 気象庁によると、台風は4日正午ごろ、非常に強い勢力を保ったまま徳島県に上陸。午後2時ごろには神戸市…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです