メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護・障害者施設

職員5割超セクハラ・暴力被害 北海道

 北海道は4日、道内にある介護・障害者施設の職員を対象にした暴力やセクハラなどのハラスメント調査結果を発表した。介護施設の職員の5割超が利用者から被害を受けたと回答した一方、3割超が自らも利用者に虐待したことがあると回答した。

 5、6月に30介護施設の職員計300人と、20障害者施設の職員計200人に調査票を配布し、介護施設の75%(224人)、障害者施設の90%(179人)から回答があった。

 利用者からハラスメントを受けたことがあると答えたのは、介護施設で54%(121人)、障害者施設で39%(69人)だった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです