連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

トランプ、マケインとNATO

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NATOの新しい本部ビル=ブリュッセルで2018年6月7日午後5時42分、八田浩輔撮影
NATOの新しい本部ビル=ブリュッセルで2018年6月7日午後5時42分、八田浩輔撮影

 ベルギーの首都ブリュッセルに新築された北大西洋条約機構(NATO)の本部ビルに、先月死去した米共和党重鎮のジョン・マケイン上院議員の名を冠する案が浮上している。歴代のNATO事務総長が「環大西洋の結束の象徴に」と提案した。米欧の安全保障の基盤であるNATOを軽視するような言動を繰り返すトランプ米大統領に対する欧州側の落胆と表裏一体の動きだ。

 「ジョン・マケインの生涯と業績ほど鮮やかに、この環大西洋同盟、そして米国の指導力の不朽の利益を象徴するものはない」

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2083文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集