メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名探偵コナン

ゆかりの北栄町と米人気司会者がネットで論争 駐日米大使が調停役に

「コナン論争」でオブライエン氏に“直接対決”を呼び掛ける松本昭夫・鳥取県北栄町長=北栄町役場大栄庁舎で2018年9月4日午前11時49分、阿部絢美撮影

「自分に似たコナンに人気を横取りされた」

 人気推理漫画「名探偵コナン」ゆかりの鳥取県北栄町と米国の人気司会者、コナン・オブライエン氏が、コナン人気を巡り、冗談めかした論戦をネット上で繰り広げている。オブライエン氏が「自分に似た漫画のコナンに人気を横取りされた」と主張すれば、北栄町側も「賠償が欲しいなら我が町に来て」と応戦。ハガティ駐日米大使も“調停役”に乗り出した。6日にはオブライエン氏の町訪問が実現する。

 北栄町は漫画の作者である青山剛昌さんの出身地で、ゆかりの品を展示する「ふるさと館」をはじめ、キャラ…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです