連載

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

バッハとイタリア・オペラをテーマに、執筆、講演、音楽ツアーの企画など多彩に活動する加藤浩子さんのコラム。クラシックナビ連載。

連載一覧

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

緑の丘の総本山、オペラファン憧れの「聖地」訪問記〜バイロイト音楽祭

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイロイト祝祭劇場の外観
バイロイト祝祭劇場の外観

 バイロイト。

 その街の名前は、オペラファンのみならずクラシックファンにとって特別な響きを持つ。リヒャルト・ワーグナー(1813~1883年)が、自分のオペラだけを上演するために建てた特別な劇場がある街なのだ。人口7万3000人のさして特徴もない田舎町なのに、ワーグナーがこの街に白羽の矢を立てたおかげで世界的に有名になってしまった。何しろ駅のホームから、「緑の丘」と呼ばれる高台の上にそびえる赤い神殿のようなワーグナーの劇場「祝祭劇場Festspielhaus(フェストシュピールハウス)」が仰ぎ見えるのだから。「お膝元」という言葉が、これほどふさわしい街もないだろう。

 自分の作品を「総合芸術」と位置づけたワーグナーは、社交場と化していた当時のオペラハウス(桟敷席では観客が上演中もおしゃべりに興じ、ホワイエでは賭博が行われていた)で自分のオペラが上演されることに不満を抱き、自作だけを上演する「祝祭」の場を求めていたが、パトロンだったバイエルン国王ルートヴィヒ2世の勧めもあって、バイロイトにたどりついた。というのもこの街には、かつてこの地を支配していた辺境伯の妃(…

この記事は有料記事です。

残り3437文字(全文3923文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集