メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

学生時代のマル秘写真から最近の手料理まで 氷川きよしの素顔に迫る

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、9月8日午前7時半~8時)のゲストは、来年芸能生活20周年を迎えるという演歌歌手の氷川きよしさん。

 演歌を歌い始めるようになったのは、高校生の時。学校の授業のひとつとして選択した芸能講座で、先生に演歌を勧められたことがきっかけだったという。その後、高校3年生のときに出場した歌番組のコンテストで作曲家・水森英夫氏にスカウトされ、卒業後に地元の福岡県から上京した。

 22歳の時に「箱根八里の半次郎」でデビューすると “やだねったら やだね”という親しみやすいフレーズと印象的な振り付けが話題となり、新人では異例の売上げ100万枚突破。7つの音楽賞を受賞し、紅白歌合戦にも出場を果たすなど華々しいスタートを切った。

 その後、股旅ものからラテン調まで演歌の常識を覆る新ジャンルに挑戦してきた氷川さん。歌の変遷を辿りながら、演歌界に新風を送り続ける“きよし流”の真髄に迫る。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、森口博子さんの「エターナルウィンド」。同じ中学校の先輩である森口さんが歌う姿を見て、歌手への憧れを抱くようになったという氷川さん。この曲への思い入れをうかがいます。

 私生活では、散歩にジョギング、水泳、料理と多くの趣味を楽しんでいるそうで、中でも料理はかなりの腕前だとか。サワコも聞いて驚いた、最近自宅で作った本格料理とは?

 丸坊主だった中学時代の思い出から、他では聞けない家族とのマル秘エピソードまで氷川きよしさんの魅力が満載の30分。演歌界のプリンスの素顔にサワコが迫る!

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです