メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ある陶芸家の没後50年にちなんだ展覧会に行った。芸術の秋というほどの知識もないが、東京都内で見かけたポスターに引かれた。

 力強く色鮮やかだが、素朴だ。不思議な展覧会と感じるのは、作者の言葉の数々も壁に「展示」されているからだ。「過去が咲いている今、未来の蕾(つぼみ)で一杯な今」「私は私を形でしゃべる」……。

 うーん、難しい。哲学者みたいだ。でもおもしろい。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです