メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

鳥越祥博書展 強い気持ち刻む

 第45回記念神奈川独立書展の企画展「鳥越祥博書展」(10日まで、横浜市民ギャラリー)は、堂々たる筆勢が書人の創作に向かう強い気持ちを刻んでいるかのようだ。

 鳥越祥博さんは1948年、福岡県大牟田市生まれ。手島右卿さんに師事。毎日書道展審査会員。独立書人団常務理事。烏涕社会員。

 全21点。揺るぎない何かを定着させるため、長年研さんを積んだ運筆を駆使して、力強い世界を現出させている。すべて漢字作品で貫かれているのも確固とした態度を示しているように感じられた。

 「万遍」▽「孤鶯吟遠野」=写真[1]▽「紫花満野」▽「千里一曲」=同[2]▽「橘香舞」▽「無極」な…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文774文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです