メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

パナソニックAP社デザインセンター 臼井重雄所長 家電で「憧れ」届ける 伝統工芸とコラボ

パナソニックAP社デザインセンターの臼井重雄所長=京都市中京区で、望月亮一撮影

 創業100年を迎えたパナソニックは4月、大阪と滋賀に分散していた家電のデザイン拠点を京都に集約した。欧米メーカーだけではなく、近年は韓国、中国メーカーも家電の「デザイン」に力を入れている。パナソニックで家電を担う社内カンパニー、アプライアンス(AP)社の臼井重雄デザインセンター所長(50)に目指す姿を聞いた。【聞き手・小坂剛志、写真・望月亮一】

 --京都に拠点を集約した狙いは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです