メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

世界で愛されるキャラ「チェブラーシカ」 原作者が死去

 日本でも親しまれているキャラクター「チェブラーシカ」の原作者であるロシアの児童文学作家、エドアルド・ウスペンスキーさんが8月14日に亡くなりました。80歳でした。がんを患っていたそうです。

 チェブラーシカといえば毛むくじゃらの小さな体に大きな耳、パッチリとした目が特徴で、ロシアが生んだ元祖「ゆるキャラ」です。私もチェブラーシカの大ファンです。2012年にウスペンスキーさんを取材しており、その死を深く悲しんでいます。

 チェブラーシカの物語が最初に書かれたのはソ連時代の1966年です。69年にパペット(人形)アニメー…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです