メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育所

「落選」狙い応募 入所希望せず、昨年延べ190人 待機児童数深刻な世田谷 区長「育休制度に問題」 /東京

 待機児童数が深刻な世田谷区で昨年、保育所への入所を希望しないにもかかわらず申し込んだ保護者が推計で延べ190人にのぼることが、区の調査で分かった。育児休業の延長に必要な「落選通知」を取得するためとみられ、仮に当選しても辞退した可能性が高い。保坂展人区長は「(育休延長を希望する)保護者を批判すべきでない。問題は国の育休制度にあり、改めるべきだ」と指摘している。【高橋昌紀】

 同区の待機児童数は486人(4月1日現在)。6年連続の全国ワースト1は免れたが、同3位と依然高い。

この記事は有料記事です。

残り511文字(全文748文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです