社会人野球

日本選手権 近畿最終予選 日本新薬、投手戦制す 本大会決定 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本新薬-ミキハウスク】九回表日本新薬1死二塁、鎌田の適時打で二塁走者の田中が生還し2点目=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影
【日本新薬-ミキハウスク】九回表日本新薬1死二塁、鎌田の適時打で二塁走者の田中が生還し2点目=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、矢倉健次撮影

 第44回社会人野球日本選手権大会近畿地区最終予選(毎日新聞社・日本野球連盟近畿地区連盟主催)は第3日の5日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)で代表決定戦1試合と敗者復活1回戦1試合があった。

 代表決定戦は、日本新薬(京都)が九回に決勝点を挙げてミキハウスベースボールクラブ(京都)との投手戦を制し、11大会連続21回目の本大会出場を決めた。敗者復活1回戦…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい