メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

ビニールハウスで雨宿り=小野正嗣

 空が割れて、そこから落ちてきた。

 そう聞こえた。

 誰が、と訊(き)き返したかったが、誰に問えばよいのか困った。

 見る見るうちに空が暗くなり、雷鳴が遠くで響いていると思っていたら、雨が降り出した。小雨だったが、そのまま激しい雷雨になるのは時間の問題だった。

 軒を借りられそうな家は周囲には見あたらなかった。木々に覆われた山の斜面が見えたが、あまりに美しいものが喚起する恐怖が具現化されたかのような、ゆらめく白い靄(もや)に覆われた、というか、まといつかれた暗い林に入っていく気にはなれなかった。

 その手前には、まったく同じ形のビニールハウスが3棟、並んで立っていた。ビニールの表面に大量の砂利で…

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです