メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

党員票 首相「圧勝」目標微妙 石破派強気「5割取れる」

自民党総裁選の情勢

 自民党総裁選(7日告示、20日投開票)で、安倍晋三首相(63)は焦点の党員票でも石破茂元幹事長(61)を上回る見通しになった。ただ、学校法人「森友学園」「加計学園」問題の影響を懸念する声は地方組織になお根強い。選挙後の政権基盤を安定させたい首相陣営は7割の得票を目指すが、「圧勝」ラインに届くかは微妙な情勢だ。【まとめ・高橋恵子】

 首相の出身派閥の細田派幹部は5日、党員票の情勢について「6割を超えるという感触はある。もっと上乗せ…

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1203文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです