メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

「終戦宣言、早期採択を」 小論文を掲載 対米声明か

 【ソウル堀山明子】北朝鮮外務省の公式ウェブサイトは5日、同省軍縮・平和研究所長の「公式の立場」として、米国に朝鮮戦争の終戦宣言の早期採択を求める「小論文」を掲載した。法的な「平和協定」は「締結までに時間を要する」として、宣言を優先させるのが「合理的」だと強調。米国内で終戦宣言を巡る懐疑的な見方が広がる中、米朝の仲介役である韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の特使団が訪朝したのに合わせ、米国にメッセージを発したとみられる。

 米朝関係筋によると、ポンペオ米国務長官は北朝鮮が核施設のリストを示せば、米国が終戦宣言に応じる方向…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです