メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

故・翁長沖縄県知事、本土への問い 「魂の飢餓感」に答えを=佐藤敬一(西部報道部)

普天間第二小学校に駆け付け、米軍機から落下した窓の写真を掲げた翁長雄志知事=沖縄県宜野湾市で2017年12月13日、佐藤敬一撮影

 沖縄県知事として米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画に反対した翁長雄志(おながたけし)氏が8月8日、67歳で急逝した。政府や本土は、沖縄戦や27年に及んだ米軍統治など、沖縄が歩んだ苦難の歴史に目を向けず、戦後73年の今も米軍専用施設の70%という過重な基地負担を押しつける。そのことに翁長氏は異を唱え続けた。「沖縄が日本に甘えているのか、日本が沖縄に甘えているのか」「沖縄県にのみ負担を強いる今の日米安保体制は正常といえるのか」。政府がどれだけ力でねじ伏せようとしても、翁長氏が残した問い掛けに答えることがなければ、沖縄の問題は決して解決しない。

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2069文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです