米アマゾン

一気に大台、時価総額1兆ドル 事業分野拡大で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】米アマゾン・コムは4日の米株式市場で株価が上昇し、時価総額が一時1兆ドル(約111兆円)を突破した。米企業としては8月のアップルに続き2社目となる。アマゾンはネット通販だけでなく、実店舗展開やクラウドなど事業の幅を急速に拡大していることが評価され、一気に大台を超えた。

 アマゾンは1994年、ジェフ・ベゾス氏が書籍のネット通販会社として創業。次第に販売品目を増やす一方、低価格を追求し、物流体制の整備にも多額の資金を投じてきた。このため、アップルやグーグルの親会社アルファベットなど他のIT大手とは異なり低収益企業とみられてきた。しかし、ベゾス氏は「低収益な…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

あわせて読みたい

注目の特集