メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の働き方改革議論=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 かつて留学していた米国スタンフォード大学ビジネススクールのウェブサイトで働き方改革の議論を見つけた。同大学のジェフリー・フェファー教授が最近の本で、米国流の経営による働き方を改めるべきだと主張しているのだ。

 同教授は、「悪いヤツほど出世する」という本で、数年前、我が国でも注目された人物。最近の本では、米国の職場での長時間労働が、慢性疾患やメタボリック症候群、さらには薬物及びアルコール乱用につながって生産性の低下を招いており、経営陣に対する不信、仕事への不満の高まりが、従業員の結婚生活や子育てを不安定なものにしていると指摘している。

 注目すべきは、米国では当たり前のレイオフ(一時解雇)も問題だとしている点だ。レイオフされた従業員が…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです