メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国の働き方改革議論=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 かつて留学していた米国スタンフォード大学ビジネススクールのウェブサイトで働き方改革の議論を見つけた。同大学のジェフリー・フェファー教授が最近の本で、米国流の経営による働き方を改めるべきだと主張しているのだ。

 同教授は、「悪いヤツほど出世する」という本で、数年前、我が国でも注目された人物。最近の本では、米国の職場での長時間労働が、慢性疾患やメタボリック症候群、さらには薬物及びアルコール乱用につながって生産性の低下を招いており、経営陣に対する不信、仕事への不満の高まりが、従業員の結婚生活や子育てを不安定なものにしていると指摘している。

 注目すべきは、米国では当たり前のレイオフ(一時解雇)も問題だとしている点だ。レイオフされた従業員が次の仕事を探すのに大変なストレスを受けて傷つくからだという。労働者の5分の1を解雇するのは、砕石のために山の木の5分の1を伐採するのと同じことで、木の伐採が環境汚染なら、人の大量解雇は企業活動による「社会的汚染」(フェファー教授の造語)だと指摘する。工場からの化学物質の排出による物理的な環境汚染に匹…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです