メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧優生保護法を問う

毎日新聞キャンペーン報道に新聞協会賞 強制不妊の闇に光

 それは、基本的人権の尊重をうたった日本国憲法下で、国家が半世紀近くも障害のある人々に不妊手術を強いた「究極の人権侵害」だった。終戦直後の1948年に議員立法でつくられ、96年まで続いた旧優生保護法。改定からさらに20年余、当事者たちは置き去りにされていた。毎日新聞は、宮城県の60代女性が初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こす方針であることを昨年12月に特報して以降、法成立から70年間も闇に葬られていた実態に光を当ててきた。国に被害者の救済と責任の明確化を求める報道は今後も続ける。

この記事は有料記事です。

残り4628文字(全文4871文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです