メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

毎日新聞キャンペーン報道に新聞協会賞 強制不妊の闇に光

 それは、基本的人権の尊重をうたった日本国憲法下で、国家が半世紀近くも障害のある人々に不妊手術を強いた「究極の人権侵害」だった。終戦直後の1948年に議員立法でつくられ、96年まで続いた旧優生保護法。改定からさらに20年余、当事者たちは置き去りにされていた。毎日新聞は、宮城県の60代女性が初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こす方針であることを昨年12月に特報して以降、法成立から70年間も闇に葬られていた実態に光を当ててきた。国に被害者の救済と責任の明確化を求める報道は今後も続ける。

 仙台支局から、15歳で優生保護法に基づく不妊手術を強制されたとして、宮城県の60代女性が憲法判断を問う裁判を起こすという内容の原稿が東京本社に送られてきたとき、あからさまに差別的な法律名と生殖能力を封じるおぞましい内容に、「戦後日本の話なのか」といぶかしんだ。旧法に基づき手術されたのは、「同意」も含め計約2万5000人に上るという。

 驚いたのは、これほどひどい被害なのに、国を訴える裁判が過去に見当たらないことだった。同時に、半世紀近く続いた法律が認めていたものを憲法違反に問えるのか。法律は20年以上も前になくなり女性の手術も約40年前で、損害賠償を請求できるのか。そんな「常識」が頭をもたげた。

この記事は有料記事です。

残り4327文字(全文4871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 新型コロナ感染者 国内で初めて2000人超える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです