メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憲法を知りたい

2005年「在外邦人選挙権訴訟」最高裁判決 国会に立法対応促す

違憲判決を勝ち取り、最高裁前で関係者と笑顔で握手する原告団長の高瀬隼彦さん(右)=最高裁前で2005年9月14日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 今や135万人を超(こ)える日本人が海外で暮らしていますが、最近まで海外居住者は国政選挙での投票(在外投票)ができませんでした。制度を見直すきっかけになったのは2005年9月の最高裁判決です。在外投票を制限する当時の公職選挙法の規定を憲法違(い)反(はん)と判断しました。

 裁判を起こしたのは1996年の衆院選当時、海外で暮らし、投票できなかった53人。当時の公選法は、国内の住民基本台帳に3カ月以上登録されている人に限って投票できる仕組みでした。原告らは「在外投票の制限は選挙権の平等を保障した憲法に反する」と、損害賠(ばい)償(しょう)を求めて提(てい)訴(そ)したのです。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです