メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
憲法を知りたい

2005年「在外邦人選挙権訴訟」最高裁判決 国会に立法対応促す

違憲判決を勝ち取り、最高裁前で関係者と笑顔で握手する原告団長の高瀬隼彦さん(右)=最高裁前で2005年9月14日、小出洋平撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

 今や135万人を超(こ)える日本人が海外で暮らしていますが、最近まで海外居住者は国政選挙での投票(在外投票)ができませんでした。制度を見直すきっかけになったのは2005年9月の最高裁判決です。在外投票を制限する当時の公職選挙法の規定を憲法違(い)反(はん)と判断しました。

 裁判を起こしたのは1996年の衆院選当時、海外で暮らし、投票できなかった53人。当時の公選法は、国…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文938文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです