メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック サマータイム必要か? 東京五輪に向け計画。残業が増えるなど反対意見もあります

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ おとなへステップ>

 夏場だけ時間を早めるサマータイム(夏時間)。東京五輪が夏に開かれるので酷(こく)暑(しょ)対策に導入すべきだという意見が出る一方で、むしろ問題が多すぎるという意見もあります。あなたは、どう考えますか?

 この原(げん)稿(こう)はスペインで書いています。休みなら優(ゆう)雅(が)なのですが、実際はテレビの取材です。夏のヨーロッパ取材は、夜遅くまでテレビのロケが可能です。夜の9時ごろになっても、外が明るく、「昼間のロケ」という感じの映像になるからです。このため夜遅くまで働くことになります。これは大変です。

 その一方で、夕方でロケが終わって食事に行ける場合は、夜の9時ごろに店を出ても、まだ明るいので、ホテルに戻(もど)る気がしません。ウキウキして、もう1軒(けん)行こうとか、街歩きを楽しもうかとかいう気になります。

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです