メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

「安政江戸台風」ルート復元 各地の古文書の記述から

 幕末の1856(安政3)年、関東や東海各地に大規模な高潮被害をもたらした「安政江戸台風」が通ったルートを各地の古文書の記述から復元することに、平野淳平・帝京大准教授(自然地理学)らのチームが成功した。台風は伊豆半島の東側を抜けて江戸に向かったと考えられていたが、実際には伊豆の西側から内陸を進んで福島県相馬市に抜けたと分かった。

 分析に用いたのは、静岡県下田市付近に滞在していた初代米国総領事・ハリスや群馬県玉村町の名主の日記な…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです