メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、松井に並ぶ16号

 【アーリントン共同】米大リーグは4日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアーリントンでのレンジャーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、1-4の六回に左投手からメジャー初本塁打となる16号ソロを放って4打数1安打1打点、1得点で2三振だった。メジャー1年目の日本選手の本塁打数で2003年の松井秀喜(ヤンキース)に並ぶ2位とし、1位の06年の城島健司(マリナーズ)にあと2本に迫った。

 同僚の田沢は2-4の七回に登板し、1回を1安打無失点だった。チームはそのまま敗れた。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 「くれぐれも飲み過ぎない」 ビザなし交流で注意 丸山議員発言で警戒
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. コトバ解説 「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い
  5. クマの出没、山口県内で相次ぐ 過疎化で生息域管理難航、進出域拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです