メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災7年半

福島帰還目標「不可能」8割 6町村行政区長 復興拠点険しく

 東京電力福島第1原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域に再び人が住めるようにするため、福島県内の6町村が定めた「特定復興再生拠点区域(復興拠点)」の居住人口目標について、毎日新聞のアンケートに応じた地元の行政区長の8割が「実現不可能」と答えた。多くの住民が避難先で仕事や住まいを確保しており、高齢化も進んでいることなどが理由で、復興拠点の実現性に疑問符がついた。【宮崎稔樹、岸慶太】

 復興拠点の計画では2022年春~23年春の避難指示解除を見込んでおり、居住人口は避難指示解除から5…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文960文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです