メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

関空脱出、大渋滞 孤立8000人 バス待ち10時間

神戸空港行きの船の列に並ぶ人たち=関西国際空港で2018年9月5日午前8時19分、小松雄介撮影

 台風21号の影響で約8000人が孤立した関西国際空港(大阪府)では5日、利用客らを高速船やバスで関空島から運び出すピストン輸送が続いた。空港を運営する関西エアポートは深夜までに希望者の全員を島外に送り出したが、空港内の道路では一時、渋滞が発生するなど混乱も生じた。

 関西エアポートはこの日、神戸空港に向かう高速船「ベイ・シャトル」と、対岸の南海泉佐野駅に連絡橋を通って陸路で移るリムジンバスを手配した。

 連絡橋はタンカーが衝突した影響で片側車線しか使えず、30台ずつの交互通行を実施。通行はバスを含む緊…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです