メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
岐阜・入院患者死亡

院長「病死と判断」 刑事責任を否定

 岐阜市のY&M藤掛第一病院に入院していた80代の患者5人が熱中症の疑いで相次ぎ死亡した問題で、病院の藤掛陽生(ようせい)院長は5日夜、弁護士を通じ「死因はいずれも病死だと判断した。真相解明に全面的に協力する」とのコメントを発表した。病院側が死因に言及するのは初めて。

 コメントではさらに「他界された患者様に哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りする。もっとできることはなかったのか考え、より良い医療を目指して努力を続ける」としている。

 一方、弁護士は文書で問題の経過を説明した。死亡した5人について「意思表示できる方も不十分な方もいた…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文564文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです