メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

猛威 「帰りたい」あふれる人、バス待ち10時間 新千歳35便欠航、関空発着など

 台風21号は25年ぶりに非常に強い勢力のまま日本列島に上陸し、猛烈な風が各地に大きな被害をもたらした。毎日新聞の集計ではこれまでに大阪、三重、滋賀、愛知の4府県で計11人が死亡。風にあおられたり、飛んできた物に当たったりするなど、風が直接の原因となった人が多かった。大阪市港区の自宅マンションで死亡した女性(77)は、室内にいたにもかかわらず、飛んできたトタンが8階の部屋の窓ガラスを突き破り、顔を切るなどして亡くなった。大阪府警などによると、府内で死亡した8人のうち、この女性を含む3人が飛んできた物に当たり、他の5人は、風にあおられて転倒したり、自宅の屋根から転落したりしたとみられる。【矢追健介】

 台風21号の影響で約8000人が孤立した関西国際空港(大阪府)では5日、利用客らを高速船やバスで関…

この記事は有料記事です。

残り1300文字(全文1652文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです